倉庫の本当のところ!倉庫アルバイトのメリットとは


倉庫作業ってどんな仕事?

一般的に「倉庫作業」という仕事は、倉庫内での仕事の総称です。そのため、仕事の種類は多岐にわたります。指定された荷物を集めてくるピッキング作業だけでなく、預かり品の個数や品目のチェック、製品の不良品判別や梱包作業が、倉庫作業に含まれることもあります。倉庫作業を始めるときには「思っていた仕事と違った」ということにならないように、事前に作業内容を調べておくようにしましょう。倉庫作業のアルバイトには次のようなメリットがあります。

未経験OKの求人が多い

倉庫作業の多くは複雑な作業を必要としません。そのため、未経験者歓迎の求人が多くあります。初めてアルバイトする人や、仕事のブランクがある人に最適だといえるでしょう。例えばピッキング作業なら、指定された荷物を倉庫内から集めてくるだけの作業です。

資格無しOKの求人でも高額時給

資格や免許を必要とする仕事もほとんどありません。ですが、時給はほかの求人よりも比較的高いです。腕力を必要とする仕事も少ないので、年齢や性別が問われることもありません。ただし、取り扱う荷物が重い場合や倉庫が広い場合には、リフト免許を必要とすることもあります。

接客の必要がない!1人で静かに作業ができる

あまり人と接するのが好きではないという方に倉庫作業はおすすめです。倉庫作業は基本的に1人で行うので、静かに作業に打ち込みたい人に向いている仕事といえるでしょう。また、作業効率によって仕事評価がしやすい業務なので、対人関係で評価を下げられやすい人にも向いている仕事です。

物流とは、企業や工場などといった生産者が生み出した生産物を消費者へと引き渡すまでの流れのことです。主な機能として、輸送・配送、保管・荷役・包装・流通加工・情報処理があります。