営業をアウトソーシング!アポハンターと呼ばれる営業代行とは?


アポ取りはプロのアポハンターにお任せ!

社員数の少ない会社や立ち上げ後間もない会社は、売り上げを軌道にのせることが簡単ではありません。例えば、配送業を営んでいる会社が、日々の配送業務を担いながら営業活動するのは、難しいでしょう。ましてや、営業のための新しいプランを作成するとなると、そのための情報収集や資料作りなど、膨大な時間が必要です。人員やスキルが乏しい会社にとって、大きな力となるのが営業代行です。営業代行をビジネスパートナーにすれば、自社の社員に変わって、営業や経営企画を担当してもらえます。営業代行は別名「アポハンター」とも呼ばれています。

営業代行をビジネスパートナーにするメリット

営業代行をビジネスパートナーにすることで、自社内にはない営業ノウハウやプランニングのテクニックといった知識が手にはいります。特に立ち上げ間もない会社にとって、これは大きなメリットです。スキルや知識がない人が営業に出ても、成果がでるものではありません。むしろ、人件費ばかりがかさむことが多いでしょう。営業代行の力を借りれば、自分たちに足りないスキルを明確にし、本業に力を入れられるようになります。

営業代行の料金システムとは?

営業代行の料金システムの多くは、固定報酬型もしくは成果報酬型のどちらかです。固定報酬型はテレアポやリモート営業で採用されることが多い料金体系です。コールなどの行動に対して、一定の回数ごとに料金を支払います。対して成果報酬型は、見込み客の掘り起こしに成功した時点で、利用料金が発生します。なお、契約の前に一定の試用期間を設けている営業代行も少なくありません。まずは試用して、自社の業務に合った営業代行をビジネスパートナーにするとよいでしょう。

自社で営業を行う場合には様々なコストがかかりますが、営業代行を利用することでそれらの費用を削減することが出来ます。